人財育成

FJGの中心には、教育をつかさどるマンパワー事業本部があります。
それは、まず人ありきの“ヒト軸”という考え方から。

FJGでは人財教育に力を入れるだけではなく、スタッフのモチベーションを高めるための仕組みを構築してきました。スタッフの満足度が高まることで、お客さまと真摯に向き合うエネルギーが生まれ、それがお客さまに伝わり、来店につながっていくという好循環を生み出しています。
お客さまの悩みや痛みの原因・改善ポイントなどをカウンセリングしながら、施術を行う独特のスタイルを取っているのは、技術だけでなく、コミュニケーション力を高めることが必要だと考えているからです。
“ヒト軸”を基本に、組織全体が一丸となって、優秀な人財を育成し、顧客満足度につなげるという発想で事業を展開してきた結果が、現在のFJGを形成しているといえます。

FJG研修の特徴

1導入研修

「技術力」と「人間力」をつける

整体師やスポーツトレーナーの仕事は、技術職であると同時に、究極のサービス業だと考えています。そのため研修では、整体の技術とカラダの知識を学ぶのはもちろんのこと、コミュニケーション&ホスピタリティの力も身につけられるようにカリキュラムを作成しています。
技術力と人間力の訓練、研修後半になるとサロンでの実務も加えた実践的なプログラムを用意しています。導入研修だけでも、1~2ヶ月と、他社よりも長く時間をかけてじっくり研修することで、自信をもってお客さまと向き合うことができるのです。感動を生むサービスの実現と、業界トップクラスのリピート率の秘密が、ここにあります。

脳科学や心理学を根拠としたFJGのスピリッツ研修

FJGおよびグループ会社への入社時研修は、「日本おもてなしホスピタリティ協会」が監修した、劇場型カリキュラムを採用。スピリッツ研修には、脳科学や心理学を根拠としたFJGならではのユニークなプログラムが用意されています。

海外スタッフの研修は「呈茶」体験から

フィリピン店舗の既存スタッフやインドネシア店舗の新規スタッフに向けたFJGスピリッツ海外研修を実施。基本的には「お客さまに施術するときの気持ち」「FJGが提供する価値」といったFJGスピリッツを学ぶ国内スタッフと同様のカリキュラムを活用します。そして、海外スタッフ向けにはもう1つ、間を感じる、物を丁寧に扱うなど日本の「おもてなしの心」を学ぶ手立てとして、相手のために心を込めて玉露ををいれる「呈茶」体験の場を設けています。

2ランクアップ研修

高い技術を身につけるため、技術ごとにランクを設け、ランク別に研修を行っています。
所定のコースを修了すれば、「ランクアップ試験」の受験資格が得られます。

3ピックアップ研修

サロン配属後、技術を再確認する研修です。「印象改善ロールプレイング」など、より実践的な研修内容です。

4その他、さまざまな研修

ピックアップ研修、店長候補研修、キャプテン研修、プロセラピスト研修、をはじめ、仕事美人研修、食育研修、モラル研修、経営者研修、技術指導者研修、ダイエット研修 など。

page up