2015/2/6
  • プレスリリース

カラダ ファクトリー A.P.パイレーツ、 『AED普及マッチ』 横浜F・マリノス 対 松本山雅FCへの参加について。

H1_B.JPG

2月21日(土)に開催される、Jリーグ プレシーズンマッチ、『AED普及マッチ』 横浜F・マリノス 対 松本山雅FC日産スタジアム。試合前の12時35分から陸上トラックで行われる『AED講習会』に、カラダ ファクトリー A.P.パイレーツ選手の参加が決定しました。

■カ・ラ・ダファクトリーA.P.パイレーツについて
女子7人制ラグビー(セブンズ)チームで、2014年1月30日にチーム発足を発表しました。
セブンズは、2016年のリオ五輪から正式種目となった注目の競技です。

チーム公式サイト
http://karadafactory-ap-pirate.com/
チーム公式Facebook
https://www.facebook.com/karadafactory.ap.pirates

■Jリーグ プレシーズンマッチ「『AED普及マッチ』 横浜F・マリノス 対 松本山雅FC」
http://www.f-marinos.com/news/detail/2015-01-21/160000/103212

■AEDとは?
AEDは、Automated External Defibrillator の略語で、「自動体外式除細動器」と言い、設置場所には「AED」と書かれていることが多いです。何かの原因で突然心停止した傷病者の心電図を測定し解析を行ない、必要に応じて電気ショックを与え、除細動を行う装置で、除細動が必要かどうかは、AEDが心電図をみて自動的に判断します。手順も音声などにより指示が出されるため、専門的な医療知識を必要とせず、簡単に使うことができます。

■AEDの重要性
元気な人でも、突然、心臓発作を起こして亡くなる「心臓突然死」は、心臓に負担がかかるスポーツの現場は、特に警戒が必要です。どの競技でも起こりうる可能性があり、その対処法として、AEDを使った電気ショックはとても有効とされています。安心・安全にスポーツを楽しみ、万が一の時に備えるためにも、AEDの普及は必要不可欠です。

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社ファクトリージャパングループ(FJG) 女子7人制ラグビー部 藤田

facebookでシェアする ツイートする Google Plus
page up